「おじろわしのうみ」版画の迫力が海の厳しさを訴える絵本

読んでみた

 


「おじろわしのうみ」のご紹介です。

ストーリー

流氷の海で生まれ育ち、つがいとなったオスおじろわしの勇ましいお話です。
厳しい流氷の海で幾多の困難に出会いながら、つがいとなりひなどりを育てていきます。

みどころ

版画で構成されていることによる絵本の迫力が圧巻です。
版画で表現することによって、海の厳しさや荒々しさ、おじろわしの勇ましさが
より自然と感じられます。
潮騒やおじろわしの羽ばたく音が絵の中から聞こえてきそうな強さがあります。

参考図書 おじろわしのうみ リブリオ出版 手島圭三郎

コメント

タイトルとURLをコピーしました