イケメン俳優が降臨して途端に溜飲が下がったはなし。

エッセイ

 

とにかくイライラしていた。

やさぐれた顔も隠せないほどに余裕がなくなっていた朝。

前日は保育園が休みだった娘とともに過ごしていた。娘は4歳になり主張もはっきりしてきた。すんなり親の言う通りには動いてくれない。昨日はまさにそんな出来事が頻発して、わたしは昨日からずーっと怒っていた。

そんなイライラマックスの朝、見送りにきた夫の顔がイケメン俳優になった話。

 

不機嫌な朝

娘との前日のやりとりですっかり疲弊していたわたしは朝も不機嫌を引きずっていた。

頭ではわかっている。

娘の言うことに悪気はない。今したいことややりたいことを言っているだけ、主張を通していろんなことを学んでいる時期。それにわたしがうまく立ち回る余裕がなかっただけ。

 

夫も仕事だったし母ひとりでなんとか切り抜けなければならないところをどうにもうまく切り抜けられず、娘へ怒ってしまった自分への不甲斐なさもイライラの原因だった。

 

だから誰にも当たれない。

 

自己解決、発散するしかないと、娘が保育園に行くまではどんなにブスで仏頂面になっていようが八つ当たりはしないようにと耐えていた。

 

夫にも話かけられると八つ当たりをしそうだったので話をしたくなかったが、見送りにきてくれたので夫の顔を見なければならなかった。

無視するのもよくない。

顔を見て挨拶して出発しようとした、その時!!

 

 

あれ?

 

吉沢くんじゃない!!

早めに否定しておくと正確には吉沢くんでは決してない!

たまたま近くに撮影にきた吉沢くんが通りかかったわけでもない!

 

幻覚だ、幻覚が見えた。

 

一瞬でわたしはニヤリとした。

 

顔面国宝級イケメン

わたしは最近吉沢亮くんの映画やドラマを見て癒されている。

ここ最近は仕事の疲れや娘の言動への対応へのストレスもあって、暇さえあれば吉沢くんの映画やドラマを見ていた 笑。

と言っても子どもがたまたま寝た夜とか、朝早くにちょっとだけとか。そんなレベルだけど。

 

 

吉沢くんといえば

今をときめく顔面国宝級イケメン。

現在、NHKの大河ドラマの主役、渋沢栄一を好演中。

イケメンなのに飾らない人柄が心を掴む。

私が彼のファンになったのは、漫画キングダムの実写版映画を見てから。

漫画キングダムの大ファンで実写には非常に期待していた。

だから大王様役としての吉沢くんのその見事なハマりっぷりに感動した。

大王様のドSな感じとキラキラで強い真っ直ぐで大きな瞳が実写でもそのままだったことに大いに驚嘆した。

 

顔だけじゃないその演技力にもどハマり。

そんな吉沢くんの渋沢栄一もまたよくて。

今は大河を毎週楽しみにしている。

 

空にのぼる

そうしたら今日の朝、あろうことか夫の顔が吉沢亮くんに見えた。

するとどうだろう、今までイライラマックスだったわたしは、一瞬クスリと笑ってしまった。心の中で。

 

イケメンパワーどんだけ。

 

イライラでぶっ飛んだわたしの頭が自己防衛本能を発揮してしまったのか、あまりにイケメンに夢中になりすぎて白昼夢を見ているのか、アホみたいに同じ顔を眺めすぎて妄想が飛び出すレベルになってしまったのか、定かではないが。

 

まあとにかく怒りはそこで一瞬鎮火したのを感じた。

 

プシュ〜〜〜。

 

自転車でやっと冷たくなってきた秋風を感じながら走っていたら、わたしの心にも気持ち良い風が吹き込んできて、炎は消えて鎮火したのが見えた。煙が空に上がって、成仏した。

 

ちゃんとした子に育てないと。その責任感で不安に苛まれる時がある。

 

そんな時でもイケメンはわたしの心に寄り添ってくれる。

イケメンどんだけ〜。

吉沢亮くんどんだけ〜。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました