コロナワクチン接種1回目の経過・続

日記

こんにちはchiellyです。

昨日はコロナワクチン接種して14時間後、昼13時に接種して夜中3時に目が覚めたところまでの経過を記録しました。

今回はその後再度入眠し、起床したところから、つまり接種してから18時間後からの経過を記録していきます。

以下は基本情報の継続です。

私について
43歳女性。
BMI22くらい。
前回5月健診で異常な採血データ、レントゲン、心電図の異常なし。
基礎疾患なし。

接種前体温36,6度

先週娘がひいた風邪をもらい、まだ少し風邪気味だった。
熱はないが多少の喉の痛みとほんの時々咳がみられていた。
医師に報告も問題ないでしょうと注射実施となる。
念のため風邪薬処方あり。(解熱鎮痛、抗炎症剤、去痰薬。)
※アセトフェンの服用でワクチンの効果が減弱することはないとの研究結果見解のもと。

使用ワクチンについて
ファイザー社コミナティを使用。

経過について(前日からの続き)
7:00 起床 ワクチン接種から1夜明け、接種部位の皮膚は少し熱を持っているが赤くはなっていない。痛みは続いているものの強くなっていない。倦怠感で眠気が強かった。36.8度

8:00 朝食 熱はなく痛みも強くないので内服はせず。

9:00 なんとなく接種部位の痛みの範囲は狭くなったと感じた。前日5×5九センチだったのが3×3センチくらいの範囲になってきた。皮膚の熱や痛みは続いている。腕の直上も可能。

その後は家事をしたり、子どもと遊んだりして過ごしたが特に異変はなく、熱もなく症状が強くなることもなかった。

さらに翌日6時起床(接種してから41時間経過)
体温36.8度、接種部位の熱が少しと痛みは軽くなっている。上腕の直上時に軽い痛みがあるだけで挙上可能。倦怠感もなし。

まとめ
・私がコロナワクチンを接種した後の痛みのピークは接種してから13時間後の夜中でした。
・解熱鎮痛剤はワクチン接種後8時間後の1回しか使っていないが、そのためか熱は出ませんでした。
・腕が上がらないほどの痛みではなかったですが、寝返りを打つと痛くて、接種した方の腕を下にできないくらいの痛みはありました。
・接種部位の皮膚の変化はなく、熱をもっていましたが少しずつひいていきました。
簡単ではありますが、記録して残させて頂きました。
これからワクチンを受ける方へのヒントになりますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました